移动端

  • 题王微信公众号

    微信搜“题王网”真题密题、最新资讯、考试攻略、轻松拿下考试

学历语言类 | 日语考试

单选题 ワープロの細かいミスを(  )。

A

見損なった

B

見下げた

C

見失った

D

見落とした

单选题 政府が予想した実質国内総生産成長率の______は、08年度が1.3%だった。

A

見込み

B

見通し

C

見返し

D

見かけ

单选题 文中の(7)に入る言葉として適切なものはどれか。

A

ちなみに

B

だが

C

ところで

D

したがって

单选题 ⑥「人生の中でも、最大の『気付き』の一つ」」とあるが、最大の「気付き」とは何を指しているか。最も適切なものを次から選びなさい。

A

電車の音が生々しい「質感」として聞こえていることに気付いた。

B

従来の科学的世界観に限界があることをはっきり悟った。

C

電車の音は周波数で分析できないことが分かった。

D

自分の研究対象は数量的に表すことのできるものであることに気づいた。

单选题 試験の後で問題用紙も______します。

A

没収

B

領収

C

徴収

D

回収

单选题 ⑦「脳がある程度『アイドリング』できる」とはどういうことか。最もふさわしいものを次から選びなさい。

A

聞くことは見ることとは違い、脳に負担がかからないので、聞く動作だけであれば、脳にある程度ゆとりができるということ

B

聞くことは見ることとは違い、脳に負担がかからないので、聞く作業だけであれば、脳に多くの余裕ができるということ

C

聞くことは見ることとは違い、脳に負担がかからないので、聞くことで脳はいろんなものを暗記できるということ

D

聞くことは見ることとは違い、脳に負担がかからないので、聞くことでいろんな出来事を感じることができるということ

单选题 「従前からこの『場』は『座』として語られてきた」とはどういう意味か。

A

俳諧は、連衆が組織されなければ、伝統が形成されない、と考えられてきた。

B

俳諧は、芭蕉の人格が介在することによって成り立つ、と考えられてきた。

C

俳諧にとっては、連衆が集まって行う創作の共同作業が重要である、と考えられてきた。

D

俳諧にとっては、芭蕉と連衆が一巻の歌仙を巻いたことを記録し、語り継ぐことが重要である、と考えられてきた。

单选题 この地下室は、一年を______10度以下なので、ワインを貯蔵している。

A

とおって

B

つらぬいて

C

つうじて

D

かけて

问答题 第8篇 経済産業省は17日、日本企業による国内外での太陽電池の販売拡大などにより、2020年の太陽光発電の産業規模が現在の10倍の最大10兆円になるとの試算を明らかにした。雇用規模も1.2万人から11万人への拡大を見込む。同省は、太陽光発電を日本経済の成長を後押しする新たな成長分野と位置づけ、普及拡大や技術開発を積極的に推進する。 経産省は国内で家庭の太陽光発電の導入量を20年に現状の10倍、30年には40倍に拡大する目標を掲げている。太陽光発電システムの導入費用を3~5年の間に現在の半額に低減させることを目指し、国内普及と共に海外での販売を大幅に伸ばす方針だ。 太陽光発電の主要部品である太陽電池は、07年に日本がシェア約25%とトップを維持している。だが、世界的な競争激化を背景に、05年の約50%から大幅に縮小。経産省は、20年の日本のシェアを約33%まで引き上げることを前提にしている。雇用規模はパネルの製造や販売、取り付け工事にかかわる雇用の創出効果を算定した。 太陽光発電システムは、多様な原料や関連機器が必要とされ、住宅や建材メーカーも含め産業のすそ野が広いのが特徴。政府は、世界シェア拡大に向けた技術開発を支援するとともに、17日には国内での普及拡大の行動計画を改定し、公共施設への太陽光導入の強化を打ち出した。

1 2 3 4 5 下一页 尾页 /

到第